本ページはプロモーションが含まれています

サンコー商品の紹介

ネッククーラーAirの口コミ・評判は良い?悪い?製品の特徴もチェック!

サンコーのネッククーラーAirの口コミを確認した結果を紹介します!

また、ネッククーラーAirの特長や気になる点もお伝えしますので、ご覧ください!

ネッククーラーAirのネット上の口コミ・評判は良い?悪い?

ネッククーラーAirのネット上の口コミ・評判を確認しましたが、まだあまり見つかりませんでした。

いくつかあった口コミ・評判を紹介しますのでご覧ください!

ネッククーラーAirは、携帯と性能で1番使えるという良い口コミ!

ネッククーラーAirは、携帯と性能で1番使えるという良い口コミ・評判がありました。

ネッククーラーAirは、おりたたむとコンパクトになるので持ち運びには便利です。

また、冷却プレート+ファンで涼しさを感じることができます。

ただし、悪い口コミも同時に書かれていてバッテリーのもちは、イマイチの様です。

使う時間によっては、予備のバッテリーやモバイルバッテリーで使用できるリモコンも検討したほうがいいかもしれません。

ネッククーラーAirは、ペルチェ素子+空冷でかなり効きがよさそうという良い口コミ!

ネッククーラーAirは、ペルチェ素子+空冷でかなり効きがよさそうという良い口コミ・評判がありました。

ネッククーラーAirの一番の特徴は、ペルチェ素子を利用した冷却プレートだけではなく、ファンも付いてWで冷やしてくれることです。

ネッククーラーSlimを持っている場合は、ファン付きのバッテリーを購入すればネッククーラーAirにできるので、すべて買い直す必要がないのもいいですね。

この口コミも悪い部分が書かれていて、ファンの音が大きいので、状況によっては、迷惑をかけてしまう恐れがありそうです。

ネット上の口コミは、紹介できるものがあれば今後も追記します!

ネッククーラーAirの特長や気になる点を紹介!

ネッククーラーAirの特長を紹介します。

また、私は、ネッククーラーSlimを使っていますが、ネッククーラーAirの気になった点もお伝えします!

ネッククーラーAirは、W冷却で冷感パワーアップ!

ネッククーラーAirは、W冷却
引用元:サンコー公式(https://www.thanko.jp/)

ネッククーラーAirは、W冷却で冷感がパワーアップしています。

ネッククーラーSlimは、冷却プレートのみでしたが、ネッククーラーAirは、ファンで首元に風を送ります。

ネッククーラーSlimでは、首の後ろ側は、冷やせなかったので、進化した点ですね。

ネッククーラーAirは、2つのバッテリーで使い分けができる!

ネッククーラーAirは、2種類のバッテリー附属
引用元:サンコー公式(https://www.thanko.jp/)

ネッククーラーAirは、ファンが付いているのが特徴ですが、ファンがないバッテリーも付属しています。

ファンがないスリムバッテリーを使うとネッククーラーSlimとして使うことができます。

状況に応じて使い分けができるので便利ですね。

※バッテリーは、別途買う必要はなく2種類が付属しています。

ネッククーラーAirのちょっと気になる点について

ネッククーラーAirの気になる点
引用元:サンコー公式(https://www.thanko.jp/)

ネッククーラーAirのちょっと気になる点についてです。

ネッククーラーSlimは、外気温から最大で-17℃でしたが、ネッククーラーAirとしてファン付きで使う場合は、最大でも外気温-10℃です。

ファンで風を送るので単純には、比較ができませんが、プレートの冷え冷え感は、少し下がってしまいますね。

ファン付きバッテリーの方が容量が大きいですが、ファンを動かすのにバッテリーを消費してしまうのかもしれません。

ファン付バッテリー2600mAh
スリムバッテリー2000mAh

ネッククーラーAirの製品一式

ネッククーラーAirの製品一式
引用元:サンコー公式(https://www.thanko.jp/)

ネッククーラーAirの製品一式についてです。

  • ネッククーラー本体
  • ファン付きバッテリー
  • スリムバッテリー
  • USB Type-Cケーブル
  • 取り扱い説明書

ネッククーラーAirは、2種類のバッテリーが付属しています。

別途バッテリーを購入しなくてもネッククーラーAir、ネッククーラーSlimのどちらとしても使うことができます。

状況に応じて使い分けができるのがいいですね。

ネッククーラーSlimを持っている人は、買い直す必要がある?

ネッククーラーSlimを持っている人は、ネッククーラーAirを買い直す必要があるのかについてです。

ネッククーラーAirの本体は、ネッククーラーSlimと同じです。

バッテリーがファン付きかスリムバッテリーかの違いです。

ネッククーラーSlimを持っている人は、ファン付きバッテリーを購入することによりネッククーラーAirとして使うことができます。

ファン付きバッテリー単体は、送料もかかりそれほど安くはないので、買い直してしまうのも選択肢としてありそうです。

-サンコー商品の紹介