前後2カメラの分離型ドライブレコーダー おすすめ13選!

あおり運転対策トップドラレコ関連

あおり運転の問題でドライブレコーダーが注目されていますが、妨害運転罪の施行から半年間で58件が検挙、そのうち54件では、ドライブレコーダーの映像が残っており証拠になったといわれています。

検挙件数の約9割でドライブレコーダーの映像が残っていたので、その映像が動かぬ証拠として重要視された可能性が高いですね。

あおり運転以外でも事故などの状況確認ができるドライブレコーダーですが、今回は分離型の前後2カメラのドライブレコーダーから13機種を紹介します。

安いドライブレコーダーも多数発売されていますが、ここでは、日本メーカーまたは、日本に問い合わせ窓口がある製品を安い価格帯から順番に紹介しています。
※各価格帯の中では、順不同です。

後半でドライブレコーダー選びのポイントを簡単に解説していますので、用語がわからないという場合は、ご覧ください。

※2021.11 一部の機種で価格帯目安の更新をしました

  1. コムテック(COMTEC) ZDR016
    1. ZDR016の特長
    2. ZDR016のスペック
    3. おすすめポイント、悩ましいポイント
  2. オウルテック(Owltech) DR802G-2C
    1. DR802G-2Cの特長
    2. DR802G-2Cのスペック
    3. おすすめポイント、悩ましいポイント
  3. データーシステム(DataSystem) DVR3200-B
    1. DVR3200-Bの特長
    2. DVR3200-Bのスペック
    3. おすすめポイント、悩ましいポイント
  4. hp f660g Kit
    1. f660g Kitの特長
    2. f660g Kitのスペック
    3. おすすめポイント、悩ましいポイント
  5. サンワサプライ(SANWA) 200-CARDR001
    1. 200-CARDR001の特長
    2. 200-CARDR001のスペック
    3. おすすめポイント、悩ましいポイント
  6. コムテック(COMTEC) ZDR035
    1. ZDR035の特長
    2. ZDR035のスペック
    3. おすすめポイント、悩ましいポイント
  7. コムテック(COMTEC) ZDR025
    1. ZDR025の特長
    2. ZDR025のスペック
    3. おすすめポイント、悩ましいポイント
  8. コムテック(COMTEC) ZDR026
    1. ZDR026の特長
    2. ZDR026のスペック
    3. おすすめポイント、悩ましいポイント
  9. ユピテル(Yupiteru) SN-TW9600d
    1. SN-TW9600dの特長
    2. SN-TW9600dのスペック
    3. おすすめポイント、悩ましいポイント
  10. JVCケンウッド(KENWOOD) DRV-MR745
    1. DRV-MR745の特長
    2. DRV-MR745のスペック
    3. おすすめポイント、悩ましいポイント
  11. JVCケンウッド(JVC) GC-TR100(-B)
    1. GC-TR100の特長
    2. GC-TR100のスペック
    3. おすすめポイント、悩ましいポイント
  12. ケンウッド(KENWOOD) DRV-MR8500
    1. DRV-MR8500の特長
    2. DRV-MR8500のスペック
    3. おすすめポイント、悩ましいポイント
  13. セルスター(CELLSTAR) CS-91FH
    1. CS-91FHの特長
    2. CS-91FHのスペック
    3. おすすめポイント、悩ましいポイント
  14. ドライブレコーダー選びのポイントを簡単に紹介
    1. 画質
    2. 画像補正
    3. GPS
    4. Gセンサー
    5. LED信号対応
    6. 安全運転支援
    7. 駐車監視
    8. SDカードのメンテナンスフリー、フォーマットフリー
  15. 前後2カメラの分離型ドライブレコーダー おすすめ13選 まとめ

コムテック(COMTEC) ZDR016

価格帯の目安

  • 18000円(税込)~

ZDR016の特長

人気のメーカーコムテックの製品です。

前後フルHDでフロントカメラは、HDR/WDRの画質補正があり、Gセンサー・GPSなど基本機能はしっかり盛り込まれています。

LED信号にも対応しており画像を見たときに信号の色が確認できないということもありません。

また、SDカードの断片化を格段に抑えた仕組みを取り入れておりSDカードのメンテナンスも楽になっています。

大手ショッピングサイトのユーザーレビューでは、高い評価がされています。

ZDR016のスペック

☆☆ 本体 ☆☆

画質フルHD
フレームレート29.1 fps
画像補正WDR/HDR
Gセンサー標準
GPS標準
運転支援標準
駐車監視オプション
液晶サイズ2インチ
画角(水平/垂直/対角)117度/62度/140度
サイズ(幅/高さ/厚み)75.4mm/53.3mm/31.4mm
重量117g

☆☆ セカンドカメラ ☆☆

画質フルHD
フレームレート29.1 fps
画角(水平/垂直/対角)116度/59度/145度
サイズ(幅/高さ/厚み)35mm/30mm/27.3mm
重量28g

おすすめポイント、悩ましいポイント

悩ましいポイント

  • 駐車監視がオプション

おすすめポイント

  • ドライブレコーダーとして必要な機能は、しっかり盛り込まれている
  • 断片化が起きにくい記録方法
  • ノイズ対策がされており地デジなどの受信に影響を与えにくい
  • 大手ショッピングサイトのユーザーレビューで高い評価

管理人の一言

価格帯を考えると十分な性能でその結果が高い評価につながっていると感じます。

悩ましいポイントに駐車監視がオプションであることをあげましたが、価格を考えるとそこまで望むのは、贅沢かもしれません。

2万円以下で必要な機能が搭載されており評価の高い機種を希望する場合の選択肢になります。


オウルテック(Owltech) DR802G-2C

価格帯の目安

  • 13100円(税込)~

DR802G-2Cの特長

ミスターGTの異名を持つ脇阪寿一さんが監修したドライブレコーダーです。

F1.8レンズと夜間に強いイメージセンサーを使い夜間の撮影が強化されています。

GセンサーやGPSなど基本的な機能は、盛り込まれておりGPSは、みちびき対応でより高精度な測位ができます。

LED信号対応で地デジの受信を考慮してノイズ対策も行われています。

リヤカメラは、8mのロングケーブルでワンボックスなどでも取り回しがしやすいです。

DR802G-2Cのスペック

☆☆ 本体 ☆☆

画質フルHD
フレームレート27.5 fps
画像補正WDR
Gセンサー標準
GPS標準
運転支援**
駐車監視オプション
液晶サイズ2.7インチ
画角(水平/垂直/対角)**度/**度/135度
サイズ(幅/高さ/厚み)80.2mm/30.8mm/46.1mm
重量55g

☆☆ セカンドカメラ ☆☆

画質HD
フレームレート27.5 fps
画角(水平/垂直/対角)**度/**度/130度
サイズ(幅/高さ/厚み)56.4mm/31.2mm/28.6mm
重量255(コード含)g

おすすめポイント、悩ましいポイント

悩ましいポイント

  • リアがHD画質
  • 安全運転支援なし

おすすめポイント

  • F1.8レンズと夜間に強いイメージセンサー使用
  • リアカメラのケーブルは、8mあり、余裕を持った配線ができる
  • microSDは、128GBまで対応しており長時間録画可能

管理人の一言

悩ましいポイントに「リアがHD画質」をあげましたが、あおり運転対策として考えると後続車は、かなり接近している状況なので記録するには、十分な性能です。

付属するmicroSDは、16GBですが、長時間録画したい場合は、最大128GBまで対応しているのはありがたいです。

十分な性能で評価も高く1万円台前半でという場合の選択肢になります。


データーシステム(DataSystem) DVR3200-B

価格帯の目安

  • 19600円(税込)~

DVR3200-Bの特長

フロントカメラは、フルHDの1.8倍の解像度になるWQHDを採用。

樹脂レンズより透明性が高いガラスレンズを使い画質にこだわっています。

緊急時の録画は、ボタンを押すタイプではなく手をかざすだけでイベント録画を行います。

車線逸脱、制限速度アラートの安全運転支援も搭載されています。

DVR3200-Bのスペック

☆☆ 本体 ☆☆

画質WQHD
フレームレート27.5 fps
画像補正**
Gセンサー標準
GPS標準
運転支援標準
駐車監視**
液晶サイズ2インチ
画角(水平/垂直/対角)120度/67度/137度
サイズ(幅/高さ/厚み)58mm/63mm/38mm
重量83g

☆☆ セカンドカメラ ☆☆

画質HD
フレームレート25 fps
画角(水平/垂直/対角)100度/56度/115度
サイズ(幅/高さ/厚み)76mm/38mm/35mm
重量35g

おすすめポイント、悩ましいポイント

悩ましいポイント

  • HDR/WDRは、搭載されていない

おすすめポイント

  • WQHD画質で映像がきれい
  • 緊急時の録画がボタンではなく手をかざすだけでOK
  • 本体がコンパクト

管理人の一言

WQHD画質がとてもきれいです。HDRやWDRは、スペックでは載っていませんがでも動画を見る限りトンネルや夜間でもきれいな画像になっています。

また、緊急時にボタンを押すのは、難しいと思いますが、手をかざすだけのジェスチャーセンサーを搭載しているのもポイントです。

2万円位の予算で画質にこだわりたいという場合の選択肢になります。


hp f660g Kit

価格帯の目安

  • 15000円(税込)~

f660g Kitの特長

コンパクトなボディーにいろいろな機能を盛り込んだドライブレコーダーです。

画像補正は、HDRとWDRのW補正でGセンサーやGPSなどの基本的な機能もしっかり盛り込まれています。

安全運転支援も搭載し7種類のアラートを出し、液晶は、IPS液晶で視野角が広いです。

LED信号にも対応。

f660g Kitのスペック

☆☆ 本体 ☆☆

画質フルHD
フレームレート30 fps
画像補正WDR/HDR
Gセンサー標準
GPS標準
運転支援標準
駐車監視オプション
液晶サイズ2インチ
画角(水平/垂直/対角)121度/65度/141.9度
サイズ(幅/高さ/厚み)58mm/43.5mm/45.3mm
重量72g

☆☆ セカンドカメラ ☆☆

画質フルHD
フレームレート25 fps
画角(水平/垂直/対角)104.2度/53.6度/123度
サイズ(幅/高さ/厚み)65mm/36mm/25.5mm
重量22g

おすすめポイント、悩ましいポイント

悩ましいポイント

  • 駐車監視がオプション

おすすめポイント

  • コンパクトなボディで邪魔にならない
  • HDRとWDRの補正で明暗差に強い
  • 価格が安い

管理人の一言

駐車監視は、オプションですが、16000円位の価格で購入でき必要な機能もしっかり盛り込まれているのは、魅力的です。

日本総代理店にhpドライブレコーダーサービスセンターがあるので安心です。

十分な機能が搭載されておりできるだけ安い方がいいという場合の選択肢になります。


サンワサプライ(SANWA) 200-CARDR001

価格帯の目安

  • 15000円(税込)~

200-CARDR001の特長

前後フルHDでフロントカメラは、STARVIS搭載。

リアカメラも、画像補正のWDRを搭載しています。

GセンサーやGPSなどの機能もしっかり盛り込まれておりLED信号にも対応しています。

駐車監視録画ケーブルセットも販売されています。

200-CARDR001のスペック

☆☆ 本体 ☆☆

画質フルHD
フレームレート27.5 fps
画像補正WDR
Gセンサー標準
GPS標準
運転支援**
駐車監視オプション
液晶サイズ2.7インチ
画角(水平/垂直/対角)119度/62度/146度
サイズ(幅/高さ/厚み)78.5mm/31mm/51.5mm
重量82g

☆☆ セカンドカメラ ☆☆

画質フルHD
フレームレート30 fps
画角(水平/垂直/対角)145度/90度/170度
サイズ(幅/高さ/厚み)45.5mm/35mm/30mm
重量28g

おすすめポイント、悩ましいポイント

悩ましいポイント

  • 駐車監視がオプション

おすすめポイント

  • フロントカメラは、STARVIS搭載
  • リアカメラも、WDR搭載
  • 駐車監視録画ケーブルセットでも2万円以下

管理人の一言

この価格帯にしては珍しくSTARVIS搭載を搭載し夜の撮影が強化されています。

基本機能もしっかり盛り込まれているので、コストパフォーマンスは良いです。

駐車監視は、オプションですが、ケーブルセットでも2万円以下なのが魅力です。

価格は抑え気味で上位機種で採用されているものが1つでもあればという場合の選択肢になります。


————————–

☆ ここから2万5千円未満(2万~2万5千円)の価格帯6機種です

2万円未満の先頭に戻る

コムテック(COMTEC) ZDR035


価格帯の目安

  • 23000円(税込)~

ZDR035の特長

このドライブレコーダーは、前後のカメラにSTARVISを搭載して夜間など暗い場面での撮影が強化されています。

動画を見ると前後ともに鮮明に撮影されています。

また、画角が広いレンズを採用しておりかなりの範囲を撮影できます。

画角については、ZDR025とほぼ同等で映像については、さらに良くなっているという印象です。

対応するmicroSDカードも128GBまでとなり長時間記録できるようになったのも魅力的です。

ZDR035のスペック

☆☆ 本体 ☆☆

画質フルHD
フレームレート27.5 fps
画像補正WDR/HDR
Gセンサー標準
GPS標準
運転支援標準
駐車監視オプション
液晶サイズ2.7インチ
画角(水平/垂直/対角)138度/70度/168度
サイズ(幅/高さ/厚み)92.4mm/52.1mm/31.8mm
重量122g

☆☆ セカンドカメラ ☆☆

画質フルHD
フレームレート17.5 fps
画角(水平/垂直/対角)138度/70度/168度
サイズ(幅/高さ/厚み)38mm/40.2mm/27.5mm
重量35g

おすすめポイント、悩ましいポイント

悩ましいポイント

  • 価格が3万円近くになった

おすすめポイント

  • 画角が広い
  • 長時間録画にも対応

管理人の一言

ZDR025の上位的な機種で発売当初は、1万円位の価格差がありましたが、現在は、1000円位の差になっています。

ZDR025と比較する場合、1000円位の価格差をどう感じるかかと思います。

上を見たらきりがないですが、2万円台になったので、かなり魅力的なドライブレコーダーです。


コムテック(COMTEC) ZDR025

価格帯の目安

  • 21000円(税込)~

ZDR025の特長

このドライブレコーダーの特徴としてリアカメラにSTARVISを搭載しリアの映像に力を入れていることです。

リアカメラの目的の1つとして、あおり運転対策がありますので、魅力的な商品です。

2つ目の特徴として画角が広いです。今回紹介している5機種の中では、一番広い画角になっています。

GPS、Gセンサー、LED信号の対応などほしい機能は、しっかりと押さえてあります。

大手ショッピングサイトでも高い評価がついています。

ZDR025のスペック

☆☆ 本体 ☆☆

画質フルHD
フレームレート29.1 fps
画像補正WDR/HDR
Gセンサー標準
GPS標準
運転支援標準
駐車監視オプション
液晶サイズ2.7インチ
画角(水平/垂直/対角)140度/72度/172度
サイズ(幅/高さ/厚み)92.4mm/52.1mm/30.6mm
重量126g

☆☆ セカンドカメラ ☆☆

画質フルHD
フレームレート29.1 fps
画角(水平/垂直/対角)135度/71度/167度
サイズ(幅/高さ/厚み)56.2mm/24.6mm/27mm
重量33g

おすすめポイント、悩ましいポイント

悩ましいポイント

  • STARVISは、リアのみ

おすすめポイント

  • リアカメラの映像がキレイ
  • 画角が広く録画できる範囲が広い
  • SDカードの断片化を抑えた仕組みになっている

管理人の一言

リアの映像が良いだけにフロントがいまいちに感じてしまいますが、この価格帯としては、十分だと感じます。

2カメラドライブレコーダーを選ぶ理由として、あおり運転対策がありますので、リアの映像に力を入れているというのは、高評価です。

画角が広い分「フルHDにしては」、と感じてしまうのかもしれませんが、価格も含め魅力的なドライブレコーダーだと思います。


コムテック(COMTEC) ZDR026

価格帯の目安

  • 23000円(税込)~

ZDR026の特長

コムテックが発売するハイスペックな2カメラドライブレコーダーです。

画質にこだわっており前後ともにWQHDでセンサーもSTARVISを搭載しています。

昼夜問わずキレイな映像を撮ることができます。

画角については、特に広いわけではないですが、広い範囲を撮影すると荒くなりやすいので、とにかく画質にこだわっているように感じます。

安全運転支援も充実しており7つの機能でドライブをサポートします。

ZDR026のスペック

☆☆ 本体 ☆☆

画質WQHD
フレームレート29.1 fps
画像補正WDR/HDR
Gセンサー標準
GPS標準
運転支援標準
駐車監視オプション
液晶サイズ2.7インチ
画角(水平/垂直/対角)113度/60度/133度
サイズ(幅/高さ/厚み)89.4mm/52.1mm/32mm
重量113g

☆☆ セカンドカメラ ☆☆

画質WQHD
フレームレート29.1 fps
画角(水平/垂直/対角)113度/60度/133度
サイズ(幅/高さ/厚み)56.2mm/24.6mm/27mm
重量33g

おすすめポイント、悩ましいポイント

悩ましいポイント

  • HDR/WDRはフロントカメラのみ
  • 付属のSDが16GB

おすすめポイント

  • 前後WQHDで高画質
  • 前後STARVISを搭載で暗いところでの撮影にも強い
  • 7つの安全運転支援でドライブをサポート

管理人の一言

前後WQHDでSTARVISを搭載し画角も広げすぎずとにかくキレイな映像を撮る、ということにこだわっていると感じました。

HDRがフロントのみというのがちょっともったいないなぁと感じますが、どうせ買うなら高性能な機種、画質にこだわりたいという方には、魅力的な機種です。


ユピテル(Yupiteru) SN-TW9600d


価格帯の目安

  • 24700円(税込)~

SN-TW9600dの特長

フロント・リヤともにSTARVISを搭載し、従来品に比べて夜間の映像がきれいです。

プライバシーガラス・スモークフィルムも考慮してありリアの映像も鮮明に記録します。

付属するSDは、16GBですが、128GBまで対応しているので長時間録画が可能です。

GPS、Gセンサー、LED信号の対応などほしい機能は、しっかりと押さえてあります。

SN-TW9600dのスペック

☆☆ 本体 ☆☆

画質フルHD
フレームレート28 fps
画像補正HDR
Gセンサー標準
GPS標準
運転支援オプション
駐車監視オプション
液晶サイズ2インチ
画角(水平/垂直/対角)135度/75度/160度
サイズ(幅/高さ/厚み)62mm/52mm/36mm
重量98g

☆☆ セカンドカメラ ☆☆

画質フルHD
フレームレート27.5 fps
画角(水平/垂直/対角)130度/70度/150度
サイズ(幅/高さ/厚み)55mm/直径25mm/**mm
重量28g

おすすめポイント、悩ましいポイント

悩ましいポイント

  • 電源がシガーではない

おすすめポイント

  • 前後STARVISを搭載し明るい映像
  • 128GBのSDXCまで対応し長時間録画が可能
  • 前後フルHDで画角が広い

管理人の一言

フロント・リヤともにSTARVISを搭載し、夜間でも鮮明な記録ができるのが魅力です。

また、大容量のSDXCに対応しており長時間録画したいという場合は、選択肢になります。

電源がシガーではなく直結ケーブルなので、DIYで取り付けるには、少し知識が必要になります。


JVCケンウッド(KENWOOD) DRV-MR745


価格帯の目安

  • 23800円(税込)~

DRV-MR745の特長

前後フルHDでリアカメラは、スモークガラス対応で3段階の調整ができます。

前後ともにF1.8の明るいレンズを採用しています。

GPS、Gセンサー、LED信号の対応などほしい機能は、しっかりと押さえてあり運転支援機能もあります。

一律4万円の補償金制度あり。

DRV-MR745のスペック

☆☆ 本体 ☆☆

画質フルHD
フレームレート27.5 fps
画像補正HDR
Gセンサー標準
GPS標準
運転支援標準
駐車監視オプション
液晶サイズ2.7インチ
画角(水平/垂直/対角)122度/63度/150度
サイズ(幅/高さ/厚み)87.9mm/50.6mm/34.4mm
重量108g

☆☆ セカンドカメラ ☆☆

画質フルHD
フレームレート27.5 fps
画角(水平/垂直/対角)100度/52度/111度
サイズ(幅/高さ/厚み)44mm/40.4mm/33mm
重量35g

おすすめポイント、悩ましいポイント

悩ましいポイント

  • 十分な画角ですが、今回紹介した中では、比較的狭い

おすすめポイント

  • 前後フルHDでF1.8の明るいレンズを採用
  • 一律4万円の補償金制度あり
  • スモーク シースルー機能

管理人の一言

今回紹介したほかの機種が水平画角130度を超えているので比較的狭く感じてしまいます。

とはいえ、十分な画角でスモークガラス対応など魅力のある製品です。

使いたくはないですが、一律4万円の補償金もポイントです。


JVCケンウッド(JVC) GC-TR100(-B)


価格帯の目安

  • 20000円(税込)~

GC-TR100の特長

JVCケンウッドですがJVCとして発売している製品です。

フロント・リヤともにF1.8の明るいレンズを採用しフロントは、STARVISを搭載しており夜間でも鮮明な画像が記録できます。

GPS、Gセンサー、LED信号の対応などほしい機能は、しっかりと押さえてあり運転支援機能もあります。

GC-TR100のスペック

☆☆ 本体 ☆☆

画質フルHD
フレームレート28 fps
画像補正WDR
Gセンサー標準
GPS標準
運転支援標準
駐車監視オプション
液晶サイズ3インチ
画角(水平/垂直/対角)135度/71度/167度
サイズ(幅/高さ/厚み)90mm/56mm/27mm
重量85g

☆☆ セカンドカメラ ☆☆

画質フルHD
フレームレート28 fps
画角(水平/垂直/対角)120度/61度/151度
サイズ(幅/高さ/厚み)55.5mm/22.5mm/28.5mm
重量34g

おすすめポイント、悩ましいポイント

悩ましいポイント

  • 今回紹介した中では、価格が少し高め

おすすめポイント

  • フロント・リヤともにF1.8の明るいレンズを採用
  • フロントは、STARVISを搭載

管理人の一言

今回紹介した中では、価格が少し高めですが、F1.8のレンズやSTARVISを搭載しているなど魅力がある商品です。

夜間でも鮮明な映像を望む場合は、選択肢になります。

※通販サイトでは、GC-TR100-Bと表記されているのを見かけますが、JVCのホームページでは、そのような表記が見つからなかったため(-B)と表示しました。


————————–

☆ ここから2万5千円以上の価格帯2機種です

2万5千円未満の先頭に戻る

ケンウッド(KENWOOD) DRV-MR8500

価格帯の目安

  • 27000円(税込)~

DRV-MR8500の特長

特徴の1つは、AIセンシング機能を搭載していることです。

後続車の急接近や蛇行運転を自動検知しドライバーへ知らせるとともにイベント録画を行います。

2カメラドライブレコーダーは、あおり運転の問題で注目されていますので、その対策を強化しています。

画質にもこだわり前後WQHD、STARVIS搭載、HDR機能搭載、さらにF1.6の明るいレンズ採用で高性能にこだわっています。

また、microSDカードのスロットが2つありリレー録画が可能なのも大きな特徴です。

DRV-MR8500のスペック

☆☆ 本体 ☆☆

画質WQHD
フレームレート29.1 fps
画像補正HDR
Gセンサー標準
GPS標準
運転支援標準
駐車監視オプション
液晶サイズ2.7インチ
画角(水平/垂直/対角)112度/65度/131度
サイズ(幅/高さ/厚み)89.6mm/54.8mm/38.7mm
重量130g

☆☆ セカンドカメラ ☆☆

画質WQHD
フレームレート29.1 fps
画角(水平/垂直/対角)112度/65度/131度
サイズ(幅/高さ/厚み)40.3mm/36.4mm/32.7mm
重量35g

おすすめポイント、悩ましいポイント

悩ましいポイント

  • 2カメラとしては、かなり高額

おすすめポイント

  • AIセンシング機能搭載で後方を監視
  • WQHD、STARVIS搭載など高性能
  • 長時間録画に対応

管理人の一言

とにかくハイスペックにこだわった機種だなぁと感じます。

この機種の特徴であるAIセンシング機能は、2カメラモデルを選ぶ理由の1つ、あおり運転対策にぴったりです。

また、大容量SDにも対応し、スロットが2つあるので、長時間録画できるのも魅力的です。


セルスター(CELLSTAR) CS-91FH

価格帯の目安

  • 28000円(税込)~

CS-91FHの特長

他の2機種がWQHDのなかこの機種は、FullHDですが、STARVIS IMX327を搭載しており夜間やトンネル内など灯りの少ないシーンでの撮影が強化されています。

あおり運転対策には、後方キャッチ機能があり、イベント記録を行います。

みちびき対応で測位制度がアップされており、災害・危機管理通報サービスにも対応しています。

オービスなどが設置されているポイントのお知らせなど、ドライブレコーダーの枠を超えた機能が搭載されています。

タッチパネルで操作性が良いところも特徴の1つです。

CS-91FHのスペック

☆☆ 本体 ☆☆

画質フルHD
フレームレート30 fps
画像補正HDR
Gセンサー標準
GPS標準
運転支援標準
駐車監視オプション
液晶サイズ2.4インチ
画角(水平/垂直/対角)119度/62度/147度
サイズ(幅/高さ/厚み)93mm/25mm/51mm
重量116g

☆☆ セカンドカメラ ☆☆

画質フルHD
フレームレート30 fps
画角(水平/垂直/対角)114度/61度/141度
サイズ(幅/高さ/厚み)34.5mm/16mm/34.5mm
重量19g

おすすめポイント、悩ましいポイント

悩ましいポイント

  • 他の2機種がWQHDですがこの機種はFullHD

おすすめポイント

  • STARVIS IMX327で夜間でもキレイな映像
  • 災害・危機管理通報サービスなどドライブレコーダーの枠を超えた機能
  • タッチパネルで操作性もよい

管理人の一言

悩ましいポイントにFullHDであることを書きましたが、あくまでほかの2機種がWQHDなのでそれと比較してというレベルで映像は、キレイです。

この機種は、画素数だけではなく付加機能も含めてトータルでハイスペックな機種だと感じました。

専用工場での生産、3年保証など安心して購入できるのも魅力的です。


————————–

2万5千円以上の先頭に戻る

ドライブレコーダー選びのポイントを簡単に紹介

詳しくは、別の記事で紹介しますがここでは、簡単にポイントを紹介します。

画質

HD(ハイビジョン、100万画素)、フルHD(フルハイビジョン、200万画素)などがあり、フルHDの機種が多いです。

リアカメラは、HDに抑えている機種もありますが、記録時間を延ばしたり後続車が接近したときに確認できれば良いという考え方ができます。

画像補正

HDRやWDRと言われる補正機能です。

暗い部分から明るい部分までできるだけきれいに記録する機能ですが、夜間の撮影やトンネルの出口など同じ画像に明るいところ、暗いところがある場合に力を発揮します。

GPS

速度計測、位置情報、時刻修正に利用されます。

専用ビューワーがある機種は、走行軌跡を表示できるものもあります。

Gセンサー

加速度を検知するセンサーです。

衝撃を受けた際の記録(イベント記録)を行い上書きされないようにロックできる機種があります。

LED信号対応

LED信号は、高速で点滅しているためドライブレコーダーの記録タイミングと一致してしまうと信号が消えているように見えてしまう場合があります。

電力の周波数50Hzや60Hzに関連して起きる現象ですが、対策されている機種を選びましょう。

安全運転支援

車線逸脱や速度超過、後続車接近などをお知らせしてくれる機種があります。

ドライブレコーダーとしては、必須機能ではないですが、プラスアルファーの機能としてチェックしましょう。

駐車監視

動態検知や衝撃を受けた際に記録し、車へのいたずら、当て逃げなどに対応する機能です。

ドライブレコーダーにバッテリーを内蔵している機種やオプションで電源ケーブルを購入する機種があります。

SDカードのメンテナンスフリー、フォーマットフリー

常時録画を行うと頻繁に上書きがされるため断片化が発生し、SDカードのエラーが発生する場合があります。

定期的にフォーマットをして対応しますが、断片化が起こりにくい記録方法をとっている機種もあります。

フォーマットをする頻度を減らすことができます。

もう一度最初から見る

前後2カメラの分離型ドライブレコーダー おすすめ13選 まとめ

今回は、煽り運転対策として前後2カメラのドライブレコーダーを13機種紹介しました。

安全運転のためにも使えるドライブレコーダーですが、いざというときの記録として導入してみてはいかがでしょうか。

管理人は、コムテックのZDR035を使っています。前後2カメラモデルの中では、広い範囲を撮影できる機種です。

ZDR035を実際に使った私の口コミ!評価・レビュー!【コムテック】

では、今回は、以上です。ここまでお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました