ドライブレコーダーが両面テープでも落ちるならミラーマウントステー【汎用】

ミラーマウントトップ取り付け関連

ドライブレコーダー用の汎用ミラーマウントステーを購入してみました。

ミラーのステーに固定するので破損しない限り落ちることはありません。

両面テープで固定していても落ちてしまうという場合に使えそうです。

夏の直射日光が当たる場所に停めている場合などで両面テープでも落ちてしまう事例を確認しています。

外れてしまって困っている場合は、参考にしていただければと思います。

2021.7.24追記・・ZDR025で取り付けができましたので追記しました

ドライブレコーダーのミラーマウントステー一式

ミラーマウントステー箱
ミラーマウントステー一式

最初の画像が製品の箱で次の画像がミラーマウントステーの一式です。

箱の横幅は、10cmくらいで思ったより小さいです。

ミラーのステーが太い場合用に長いネジも付属していました。

ステー1,2
ステー1個目、2個目
ステー3個目
ステー4
ステー4個目
ステー5
ステー5個目
ステー6
ステー6個目

各ステーの画像です。(寸法は、商品ページで確認ができます)

※ステーの3個目、4個目、6個目は、向きを変えて2枚づつ載せています。

ドライブレコーダー側のステーは、6種類付属しています。

ミラーマウントステーを実際に取り付けてみました

ドラレコのステーの画像

管理人が持っているドライブレコーダーは、6mmのネジのタイプでしたが、向き調整用のナットが大きくてぶつかってしまいました。

※純正のステーがボールジョイントだったのでそのまま使えないか試しましたがボールの直径が1mm程違ったのでうまく固定できませんでした。

純正ナットの移植

向き調整用のナットについては、ドライブレコーダーに付属しているステーから移植して対応しました。

これなら問題なく取り付けができます。

ミラーマウントステー仮組

仮組してみたところです。

取り付け準備の画像

取り付け作業が結構やりにくいので、画像のように片側だけ外して取り付けるとやりやすいです。

取り付け画像1
取り付け画像2

実際に取り付けた様子です。車両はソリオです。

角度の調整は、まだ行っていませんが、ボールジョイントなのでかなり融通が利きます。

ネジの締め込みは、様子を見ながらになりますが、しっかりと固定できました。

ーーーーーーーー

☆2021.7.24追記

ZDR025で取り付け確認ができました。

固定する位置とドラレコ本体の距離が純正のステーより長くなってしまうので、少しドラレコが揺れやすくなってしまいますが、両面テープでも落ちてしまう場合は、使えそうです。

設定を見直さないとイベント録画の数が増えてしまいます。

下の画像が取り付けをしたところです。

適合するステーは、4mmのものになります。

ZDR025のステー
ZDR025取り付け

汎用ミラーマウントステーのまとめ

ドライブレコーダーのミラーマウントステーを紹介しました。

適合情報がないので形状や寸法で確認するしかないですが、適合すればしっかりと固定することができます。

ドライブレコーダーが落ちてしまう危険性やストレスが解消できることを考えるとそれほど高いわけではないので、試してみる価値があります。

では、今回は、以上です。ここまでお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました