サンコー商品の紹介

サンコー ネッククーラーPro R4とSlimを比較!違いを紹介します!

この記事では、サンコーのネッククーラーPro R4とネッククーラーSlimのスペックなどを比較して違いを紹介しています。

1週間違いで発売された2機種ですが、どのような違いがあるのか気になる方は、是非ご覧ください。

ネッククーラーPro R4とネッククーラーSlimの冷却性能の違い

まずは、肝心の冷却性能の違いです。

pror4-slim外観
Pro R4は、サンコー公式ページより引用

画像の左がネッククーラーPro R4で右がネッククーラーSlimです。

ネッククーラーSlimやそれ以前の機種では、冷却プレートが2枚ですが、ネッククーラーPro R4は、片側に2枚で合計4枚の冷却プレートがあります。

より広い範囲を冷却できるようになっています。

ここは大きな違いですね。

続いてスペック上の違いを確認します。

☆動作モード

Pro R4Slim
ハイパワー/強モード/弱モード強モード/弱モード/ゆらぎモード

上の表は、動作モードの比較です。

ネッククーラーSlimには、ゆらぎモードがありますが、冷却の強さとしては、強と弱の2段階です。

ネッククーラーPro R4は、ハイパワー、強、弱の3段階の切り替えがあります。

ゆらぎモードはありませんが、強・弱モードの場合は、ゆらぎ機能で冷感を持続します。

続いて冷却プレート温度目安の比較です。

☆冷却プレート温度目安

Pro R4Slim
ハイパワー外気温より-10-15℃---
強モード外気温より-8~-13℃外気温より-10~-17℃
弱モード外気温より-4~-9℃外気温より-4~-8.5℃

冷却プレートの温度目安としては、ネッククーラーSlimの方が最大で-17℃なのでより冷たくなります。

ただし、ネッククーラーPro R4は、冷却プレートが4枚なので、体感としては、ネッククーラーPro R4のほうが冷やされている感じが強そうです。

ネッククーラーPro R4とネッククーラーSlimの動作時間の違い

ネッククーラーPro R4とネッククーラーSlimの動作時間の違いについてです。

☆専用バッテリーの場合

Pro R4Slim
ハイパワー約2時間---
強モード約3時間約1時間
弱モード約4時間約2時間

☆モバイルバッテリー10.000mAhの場合

Pro R4Slim
強モード約3時間30分約5時間15分
弱モード約7時間15分約10時間30分
専用バッテリー
Pro R4は、サンコー公式ページより引用

☆専用バッテリーの容量

Pro R4Slim
5,800mAh2000mAh

バッテリー容量が同じ場合は、ネッククーラーSlimのほうが長時間使用できます。

しかし、専用バッテリーの場合は、ネッククーラーPro R4の方が3倍近い容量のため長時間使用可能です。

ネッククーラーPro R4とネッククーラーSlimの防塵防水性能の違い

防塵防水等級
引用元:サンコー公式オンラインショップ
Pro R4Slim
IPX5IP33

防水等級については、ネッククーラーSlimは、「3」なので少雨程度なら大丈夫です。

ネッククーラーPro R4は、「5」なので水の直接噴流でも悪影響が出ない程度の防水性能です。

防塵等級については、ネッククーラーSlimは、「3」なので直径2.5mm以上のワイヤーや固形物が入らない程度の防塵性能です。

ネッククーラーPro R4は、「X」なので防塵性能は、省略されており製品単体では、不明です。

ただし、別売りで防塵カバーが発売されています。

防塵カバー
引用元:サンコー公式オンラインショップ

防塵カバーを取り付けることにより防塵等級は、「4」になり直径1mm以上のワイヤーや固形物が入らない程度の防塵性能になります。

別売りなのが残念ですが、防塵性能が必要なら購入してくださいというスタンスですね。

ネッククーラーPro R4とネッククーラーSlimの価格、その他の違い

ネッククーラーPro R4とネッククーラーSlimの価格、その他の違いについてです。

Pro R4Slim
価格12,800円6,480円
首回りサイズ最小:約37cm 最大:約50cm最小:約37cm 最大:約50cm
サイズ 最小幅約110×高さ約40×奥行約130(mm)幅130×高さ45×奥行80(mm)
サイズ 最大幅約215×高さ約40×奥行約210(mm)幅160×高さ45×奥行160(mm)
重量 本体約300g約140g
重量 専用バッテリー約140g約80g

ネッククーラーPro R4とネッククーラーSlimの価格差はかなりあります。

私としては、1万円を超えるとちょっと悩んでしまうかなぁと感じました。

適合する首回りサイズは、2機種とも同じです。

ネッククーラーPro R4は、冷却プレートが4枚ありバッテリー容量も大きいので、重量も結構ありますね。

隊落下
引用元:サンコー公式オンラインショップ

表にはありませんが、ネッククーラーPro R4は、170cmからの耐落下テスト済みです。

ネッククーラーSlimより丈夫なつくりになっています。

※落下した場合、無破損・無故障を保証するものではありませんとの注意書きがあります

落下防止用ストラップについては、ネッククーラーPro R4には、付属しておりSlimの方は、別売です。

サンコー ネッククーラーPro R4とSlimの違いまとめ

サンコー ネッククーラーPro R4とSlimの違いを紹介しました。

  • 冷却温度目安の最大はSlimの方が上
  • Pro R4は、冷却プレートが4枚
  • Pro R4の方がオプションを付ければ防塵防水等級が上
  • Pro R4の方が衝撃に強い
  • 専用バッテリーの場合Pro R4の方が長時間使える
  • 価格は、Slimの方がかなり安い

作業場などでは、ネッククーラーPro R4がいいですが、価格差が結構ありますので、特に理由がない限りネッククーラーSlimの方がいいかなと感じました。

-サンコー商品の紹介