その他自動車関連

損しない為に車の価値を知りたい!個人情報不要の査定をソリオで試してみた

車を少しでも高く売るために一括査定は有効ですが、
 「業者からの電話対応が面倒」
 「すぐに売らないが相場だけ知りたい」
ということはないでしょうか。

車の価値を知らずにディーラーで下取りをしてしまうと「万単位」で損をしてしまう可能性があります。

そうならないために個人情報不要の査定をソリオで試してみましたので紹介します。

↓個人情報不要の査定は、夢あるカーライフのページから↓

車(ソリオ)の価値を知るために試してみたサービスについて

夢あるカーライフHP

今回試したのは、「夢あるカーライフの無料ネット車査定」です。

このサービスでは、実際の業者間オークションの相場と照らし合わせながら1台1台査定をしています。

運営会社が中古車販売も行っているので実車査定に近い査定額の確認ができるようです。

車両確認のための写真は必要になりますが、住所、名前、電話番号などの個人情報は、不要です。

査定の申し込みは、申込フォーム(メールアドレスが必要)かLINEで行います。

とりあえず相場を知りたいだけでも利用できます。

個人情報不要の査定申込で準備しておくものと流れを解説

個人情報不要の査定申込で準備しておくものと流れを解説します。

申し込み前に用意しておくもの

スムーズに申し込みを進めるために以下のものを用意・確認しておきましょう。

  • 車の車検証
  • 車の走行距離確認
  • 車のグレード確認
  • 車の写真

車の写真は、前方または、やや斜めからの1枚で大丈夫です。

少しでも正確に査定額を知りたいという場合は、傷や痛んでいる部分の写真などを添えたほうがいいです。
(10枚まで可能)

画像を準備するときに気にした方がよさそうなこと

査定の事例としてホームページ上で紹介されるようなのでナンバーを消したり、場所が特定できないようなところで撮影をした方が良いと思います。

管理人は、背景を白で消しました。

ここは、少し手間がかかるかもしれませんが、確認せず下取りに出してしまうと「万単位」で損をする可能性もあるので手間以上のメリットがあると思います。。

申し込みの流れを画像で解説

申し込みフォーム

夢あるカーライフのホームページで少し下にスクロールすると、

  • 【無料ネット車査定】申し込みフォームはこちら
  • LINEで無料ネット車査定に申し込むならこちら

が表示されますので、どちらかお好みの方から申し込みをします。

LINEは、友達追加をしてからのやり取りとなるため今回は、申し込みフォーム(オレンジ色の方)を使いました。

入力の項目は、いくつかありますが、簡単な項目なので5分程度で終わりました。

申し込みフォーム1

ハンドルネーム、都道府県、メールアドレスの入力はありますが、本名、住所、電話番号などの個人情報の項目はありません。

後は、車検証など事前に用意・確認した情報を入力していきます。

申し込みフォーム2

入力を進めていくと「修理歴の情報」という項目がありますが、車両のフレームにダメージがあった場合のみ該当になります。

バンパーやフェンダーの交換など交換だけで済んでいる場合は、「無し」になります。

※入力項目のところにも注意書きが記載されています。

「内外装のマイナスポイント」という項目があり必須ではないですが、できるだけ正確に査定してほしいので入力をしました。

この後にもいくつかの項目がありますが、この後は、必須ではない項目が多いです。

管理人は、わかる範囲で入力しました。

申し込みフォーム3

事前に準備した車の画像を添付します。

この画像は、査定事例として使われるので、ナンバー、背景なども気にしておいた方が良いと思います。

画像は、10個まで添付できますが、今回は、1か所小さいへこみがあるので、添付しておきました。

後は、注意事項を読んで、「上記注意事項に同意する」にチェックを入れて「確認」をクリックします。

受付メール

入力内容を確認後、送信をすると入力したメールアドレス宛にメールが届きます。

3~5日程度ということなのでメールが来るまでしばらく待ちます。

申し込みの流れは以上になります。

・追記

休み明けすぐにメールで回答が来ました。

査定額〇円のような内容を想像していましたが、売却の目標金額や高値で売れた場合の目安などが書かれていました。

参考になることが書かれていたので利用してよかったと感じました。

↓個人情報不要の査定は、夢あるカーライフのページから↓

損しない為に車の価値を知りたい!のまとめ

個人情報不要のネット車査定を紹介しました。

画像の準備や入力の手間は少しありますが、万単位で損をする可能性がある、と考えると車の価値は、知っておいた方が良いと思います。

管理人は、なんとなく業者の対応が面倒で購入したところで下取りに出していましたが、今後は、しっかりと確認しておくことにします。

では、今回は、以上です。ここまでお読みいただきありがとうございました。

※この記事の情報の利用は、各自のご判断・責任において行ってください。

-その他自動車関連